NVT(Neurovascular Technic)

カリキュラム

レベル1

▶︎改善する症状としない症状
徒手療法家が改善させることのできる症状の適応範囲を学びます。

▶︎身体の痛みと施術の基礎理論
痛みは「脳」が感じており、症状のある部位が痛みを感じているのではありません。
身体の痛みの本当の原因と、症状を改善する為の施術理論を学びます。

▶︎身体の症状が現れる順番
症状が現れる順番には一定の法則があります。
クライアントの症状を的確に捉える為の理論を学びます。

▶︎臨床徒手検査法
トリックモーションで動いたりその場だけで変わることのない基本検査を学びます。

▶︎脊柱テクニック
神経・血管を主体とした脊柱の基本となるテクニックを学びます。
・頚部
・腰椎
・骨盤部

▶︎上肢テクニック
神経・血管を主体とした上肢の基本となるテクニックを学びます。
・肩関節
・肘関節
・手関節

・手指

▶︎下肢テクニック
神経・血管を主体とした下肢の基本となるテクニックを学びます。
・股関節
・大腿部
・足関節
・足部
・足趾

レベル2

▶︎関節包の施術理論
関節包内の固有受容器の働きを改善し、関節の機能を回復させる理論を学びます。

▶︎機能評価法
関節包の施術で基本となる関節の機能評価法を学びます。

▶︎仙腸関節リリース
関節包内の固有受容器の働きを改善する方法を学びます。
・前傾
・後傾

▶︎肋椎関節リリース
関節包内の固有受容器の働きを改善する方法を学びます。
・上位肋椎関節(1〜8)
・下位肋椎関節(第9〜12)

▶︎筋スパズムの施術理論
筋繊維の収縮伸張不全(スパズム)が起こるメカニズムとそれを改善する為の理論を学びます。

▶︎筋スパズムリリース
筋スパズムを改善する方法を学びます。
・外側翼突筋
・後頭下筋群
・胸鎖乳突筋
・短背筋群
・小胸筋
・棘上筋

レベル3

▶︎押圧の種類
4種類の押圧テクニックを学びます。
・1の圧
・2の圧
・3の圧
・4の圧

▶︎カウンターストレイン
筋肉の過剰な緊張や関節の不調を解消するテクニックを学びます。
・神経筋紡錘細胞
・ゴルジ腱器官

・サブラクセーション
・フィクセーション

▶︎トルク・アンワインディング
筋肉の過剰な緊張や身体バランスを整えるテクニックを学びます。

レベル4

▶︎自立神経系評価法
頭蓋や内臓の施術で基本となる自律神経系の評価法を学びます。

▶︎頭蓋リリース
神経・血管を主体とした頭蓋の基本となるテクニックを学びます。
・蝶形篩骨軟骨結合
・蝶形後頭軟骨結合
・蝶形側頭軟骨結合
・側頭後頭軟骨結合
・硬膜
・大脳鎌
・小脳テント

・ISP

▶︎内臓リリース
神経・血管を主体とした内臓の基本となるテクニックを学びます。
・扁桃
・横隔膜
・胃
・十二指腸
・小腸
・回盲部
・上行結腸
・横行結腸
・下行結腸
・S状結腸
・肝臓
・腎臓